スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Mr.ピルグリム!!

評価:
ブライアン・リー・オマリー
ヴィレッジブックス
¥ 1,995
(2010-12-10)

すごしやすい日々になってきました。
一年ももう半分過ぎようとしてますね。時の流れるのは速い。 
どうもヒートです。








昨年末からずっっっっっっっっと気になってた映画を先日、観てきました!
その名も、


「スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団」です!!!


ツイッターでフォローさせてもらってるファイナルファンタジーの生みの親、
「坂口博信」さんがオススメしてたのが知るきっかけ。
最初、youtubeで動画を見た時は見た時は英語だし、
なんかパッとしない感じ(失礼)であまり気にならなかったのだが…


調べていくうちに、「あれ、これ面白そうじゃね?」と興味がわき…
さらにさらに、日本での公開が署名で実現した!ということが分かり…
「これは見に行くしかないな!」と思い立ったわけです。
DVD化を待つ、という消極策もあるにはあったが、人気出なかったら
リリースされなさそうだったしね;









気になるストーリーは…




カナダのトロントに住む主人公「スコット・ピルグリム」。
23歳無職、ゲームオタクのバンドマン(ベース担当)。
(でも結構モテるのでリア充だと思う…)
元恋人、エンヴィに振られたショックから立ち直り、17歳の女子高生、
ナイブズと付き合うことになった矢先、
ヒロイン、ラモーナと運命的な出会いを果たす。

彼女の事が頭から離れなくなったスコットはラモーナにアプローチ。
しかし彼女から

「私とつきあうには、7人の邪悪な元カレたちを倒さなければならないの」

バカみたいな困難な条件を突きつけられる。

こうしてスコットはラモーナと付き合うべく、邪悪な元カレ軍団の戦いに
挑むことになるのであった…。







大々的に全国一斉ロードショー!!
なんて規模ではないので、我が茨城では公開されませんでした。
震災の影響もあるのかな。
そんなわけで車に乗り込み3時間かけて、栃木は宇都宮まで見に行きました!
その甲斐は十分にあったと思う!


それにしてもバカなストーリーですね(笑)
でもそれがおもしろい。出てくる奴らのぶっ飛び具合も最高!
笑わしてもらいました。

バンドマン、ということで、ライヴやベースバトルなんかも
フィーチャーされてたり。
これまたイイ曲ばっかりで…思わず足でリズム取っちゃったりもしてました。
バレない程度に。(映画館なのでね


青春ラブコメが軸ではあるが、それを取り巻いてるのが
事あるごとに突っ込まれる「ゲーム」ネタ。
作者が影響を受けた「ファミコン」のエッセンスが
めちゃめちゃ仕込まれてます。
あのドット絵にチップチューンと8ビット臭が半端ないw


バトル時のエフェクトやレベルアップ、1UPなんかの演出、
それにキャラ設定などなど。深っかいとこまでゲームらしさが
浸透してます。
俺の世代なら元ネタ、簡単にわかるんじゃないかな。


それだけに狙ってるとこがニッチなので、ゲーマーでない人には
ちょっとわかりにくいとこもあるが…そこは残念かな。
まあ仕方ないけど。


原作単行本6巻分を2時間にまとめたのでかなりのテンポで話が進むけど
進みっぱなしじゃなく、わりと緩急がついてるので
置いていかれることはそうそうないと思います。












作中では「元カレ」「元カノ」がスコットたちの壁となって立ちはだかります。
この恋愛模様も「すこぴる」の中核。


だがしかし俺はゲーマーなので、
そっち方面についてはちょっと、何とも言えないっす(;´Д`)
ほんとにゲームしか知らねえ野郎なんで…。



まあでもあれだ…好きな子の元カレの幻影っていうの?
「俺はそいつを越えられるのか?」っていうプレッシャーみたいな?
そういうのは味わったことありますね…。



で、「すこぴる」ではその幻影(7人の元カレ)をぶちのめしていくと…。
それってかなり気持ちよさそうが気がするなw
負けたら最悪だけどw
劇中ではそのバトルに挑む〜達成するまでの過程をゲームの文法にあてはめてます。
うまいですよ。その辺は。








そんなゲーマー必見の映画「すこぴる」、現在も公開中です!
俺と同世代のゲーマーはもとより、スカッとしたアクションものが見たい方、
爽やかなラブコメが見たい方はこの映画をぜひご覧くださいな!!!
栃木は結構客入りがヤバかったんで、
DVDが出るくらいの利益は出てもらいたいのでここで宣伝w



「すこぴる」公式サイト(音が出るぞ!気をつけろぉ!)←デス様ネタ






トレイラー










いい作品を見終えた後、いつも気持ちがそれに残っちゃって
しばらく寂しさを感じるんだけど、
今回もご多分にもれず、でした。
いい出会いだったと思いますよ、ええ。ありがとう坂口さん!


最後に原作、映画を見て俺が最も強く感じたことを一言にまとめます!



「スコット爆発しろ!!!!!!!」ウラヤマシー


JUGEMテーマ:ゲーム

スポンサーサイト

Comments

  • えのる
  • 2011/05/28 00:07
スコットさん何度か爆発クラスのぶっ飛び方したましたヨ。

スコピル面白かったーーーー!!

まぁ正直言うと
「洋画か。あんま興味ないけど栃木に行くのはいいよな!つまんなかったら寝ようw」
とか思ってましたごめんなさい。
バカな事に本気で力を入れる作品は単純に楽しめるから最高だね!
ゲーム要素もゲーマー心刺激されまくりんぐ!

じゃあ今度は原作だな!
  • ヒトー
  • 2011/05/28 00:40
気に入ってもらえなそうなら、そもそも誘いませんw
そういうところは結構、気を使うのでね。

いい感想をもらえてよかった。mr.mkにも見せてやりたいので
そのためにもDVDが出てほしいw

Leave a Reply