スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Guilt

                                     
                                     




「さて、どこに行く?」
「…う〜ん。」









去年、ヴァナで再会したえりさんとの一枚。
たしか秋頃だったか。
また会えたのは嬉しかったけど、
当時自分の中でのFF11というのは「終わったゲーム」になってて。
これから何かをやろう、という気にはなれなかったんです。
言い訳ですけど。




時は流れ一年後。




自分が突然ヴァナへ戻ることになり、
今の世界の空気に少しずつ馴染み始めた頃、
はたと、気づきました。



ほぼ無人のLS。
そして激変した世界の情勢。







(えりさん、この中でずっと一人でやってたのか…?)






その後、当時の当ブログの記事やもらったメッセージ、
たまたま撮ってたこの写真を見ながら、
最後にあった時のことを思い返す。
あの時は自分の「やる気の無さ」が出まくっていて、
正直、あまり話をマジメに聞いてない部分もあった。
「ふうーん。でも俺もうこのゲームやらんしなあ」みたいな。
少しばかり態度が悪かったかもしれないな。






「もう会えないかも知れないよ?」
確か、別れ際にそう言っていたような気がする。
機会があればそのうちにまた、と言いながらも時間が流れて
結局、それっきりに。









もしかしたら…








…もしかしたら俺は…。
リアルでも、ヴァナでも、かつて居た場所とは全く違う環境の中で、
自分を頼ってきてくれた人のことを
ないがしろにしてしまったんじゃないか?
もしそうだったら…。













もしそうだったら…謝らなければならない。
そう思った瞬間、猛烈な罪悪感とか、申し訳なさで
アタマがいっぱいになってしまって。
「この馬鹿野郎が!」と一年前の自分を殴ってやりたいですね。ええ。
今はね。




居てもたってもいられなくなって、
昔のガラケーを引きずり出し、
相当前にもらったメールアドレスを探し当ててメッセージを送ると
送信不可。




そりゃそうだ。3年前のだし。変更した可能性は高い。




ならば、と久しぶりにれちさんに連絡を取ると
れちさんも連絡を取ってなかったみたいで。
そこでつながりは切れてしまいました。




しかし、幸いにしてここがある。
今の自分の気持ちをここに残しておけば、
何かの拍子にちょろっと来た時、見てくれるかもしれない。
ここがなきゃ、謝ることすらできなかった。一生。
ブログやっててよかったと思いましたね。







えりさん、もし俺を頼りにしてくれていたんだとしたら、
結果的に裏切る形になって本当に申し訳ないです。






戻って来い、とは言いませんが
もし、またヴァナに戻る気になってくれたのなら…。
その時は、以前言っていたように、
空だろうが、海だろうが、どこへでも案内させてもらいます。





















そのための準備だけは、しておきますから。




スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL