あー恥ずかしい






(いつ見てくれるのかはわからない。彼女が戻ってきてくれる保証も無い。
 いや、しかし…。今は準備をしよう。何も考えずに。また道を示してあげればいい。
 そのためにはまずレベルだ。レベルを上げなければ)





そう気持ちを固めてログインし、何気なくフレリストをみると、




点灯する「えり」の文字。













えっ



















ええっ






















ええええええええええ!?














一ヶ月、二ヶ月、いやもっとかかるかもしれない。
そう思っていたのに、1時間もしないうちに本人が現れるとは!













(まさか、前回の記事を?そうか、読んでわざわざ来てくれたのかもしれない。
 しかし、更新した日にこのブログへ来てくれるなんて…)
 なにか運命めいたものが働いているのを感じた。
 




挨拶もそこそこに、テルで
なぜ来てくれたのかを聞いてみると。




「いや、ブログは読んでないよ〜。わたしちょこちょこインしてるんで〜^^」




なーんだ。最後に会ったとき、
課金止めるってあの時いってたような気が。
そのあともずっと続けてたのか。






俺はてっきり、もうやってないもんだと…。
考えすぎだったか。






そしてジュノにて再会したわけだけど、
なんだか見たこと無い服を着てた。
「見たことない服」。復帰してから嫌というほどみてきた。
もしや、これは…。






やっぱり、レベル99だった。
しかも、獣使いの。
すっかりソロプレイヤーとしてたくましく成長しやがったしていた。




指にはラジャスリング。ということは。



「PMもZMもクリアできたよ、一人で^^」




ああ…。もう、行ってたのね。
俺の覚悟は一瞬で無用のものになりましたとさ。












もうね、3年前とは立場が逆転してるねw
なんだろう、この感覚。懐かしい。
まだレベルが低い頃に、75の人たちの戦いぶりを見てるときと
同じような。
すっかり先輩になってしまった姿を見て。
感心するやら、さびしいやらw




wsの着替えのことも覚えたみたいだしね。
以前は思うところあって、あえて教えなかったんだけど。
ダメージで抜かれるのが嫌だとか、そういう意味じゃなくてね。





ここ数日、ずっと考えてたことがものすっごい取り越し苦労に終わった。




つい数時間前までは「一年前の自分を殴ってやりたい」気持ちだったが
今はその「数時間前の自分を殴ってやりたい」
気持ちでいっぱいです。





もー恥ずかしい…。





でも、嬉しかった。
うん。やっぱりアナタがいると楽しいよ。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply